CSR

環境への取り組み

端材・おがくずのリサイクル

端材を製紙原料へ/おがくずを酪農家へ、そして、たい肥へ

ヨドプレ(株)や(株)西日本プレカットセンターでは、端材は製紙チップ製造工場により回収加工され、製紙原料として利用されています。
また、おがくずについては、酪農家へ提供し、牛舎を清潔に保ち健康な牛を育てることに使われます。その後、牛のフンが混じったおがくずは、屋外で1年かけて良質なたい肥となり、有機農業に利用されています。

端材・おがくずをリサイクル業者へ

西日本クラフト(株)では、端材・おがくずをリサイクル業者に引き取ってもらっています。以前は、おがくずは20~30%しか回収できていませんでしたが、2015年に設備投資を行い、端材・おがくずをほぼ100%回収リサイクルできるようになっています。
また、西日本フレーミング(株)でも、端材・おがくずをリサイクル業者に引き取ってもらっています。

環境美化活動

職場周辺の環境美化活動

当社グループでは、毎月1回5Sデーを設定し職場周辺の清掃を行っています。

環境美化ボランティアへの参加

OCHIホールディングス(株)と越智産業(株)本社では福岡市中心部の天神地区や大濠公園での環境美化活動に定期的に参加しています。

また、全国のグループ事業拠点でも環境美化ボランティアに積極的に取り組んでいます。

節電への取り組み

  • OCHIホールディングスグループは、地球温暖化防止を目的とし節電への取組みとして夏季期間は「クールビズ」・冬季期間は「ウォームビズ」を実施しております。
  • クールビズ期間では、事務所内での服装を軽装化しさらに冷房機器の設定温度を室内温度28℃を目安にし冷房設備が消費する電力量の削減に努めています。
  • ウォームビズ期間では、事務所内での服装を働きやすく暖かい格好に調整しさらに事務所内の管理温度を20℃程度に引き下げて、暖房設備が消費する電力量の削減に努めています。
PAGETOP
OCHIホールディングス株式会社グループ会社
建 材 事 業
生 活 事 業
加 工 事 業
その他事業