企業情報

中期経営計画

当社グループでは、2019年3月期を最終年度とする3ヵ年の中期経営計画を展開しています。

中期経営計画の数値目標と実績

中期経営計画初年度の2017年3月期に、売上高最終年度目標900億円を前倒しで達成したことから、2018年3月期に最終年度の目標を上方修正し、2019年3月期の最終目標は達成の見通し。

  2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
計画 実績 計画 実績 目標 見通し
売上高(百万円) 88,900 90,952 93,000 95,028 100,000 101,500
営業利益(百万円) 1,790 1,938 1,900 1,934 2,200 2,230
営業利益率(%) 2.0 2.1 2.0 2.0 2.2 2.2
純利益(百万円) 1,200 1,380 1,330 1,361 1,550 1,550
ROE(%) 10.1 11.5 10.0 10.3 10.7 10.8

中期経営計画の基本方針

  • 1. 各事業部門における収益力の向上
  • 2. M&Aや新規営業施策による成長維持
  • 3. グループ会社に対するガバナンス強化
  • 4. 営業部門・管理部門の効率化推進
1. 各事業部門における収益力の向上
建材事業
  • 省エネ住宅、性能向上リフォーム、高齢者配慮住宅等に関する提案の標準化
  • 企画住宅の開発・販売
  • EC等、販売チャネルの多様化
加工事業
  • 事業部内の子会社相互の連携
  • 建材事業と加工事業との連携(以上、建材事業と共通)
  • 設計業務の収益化
生活事業
  • 取引先毎の採算管理の徹底
  • リフォーム事業の強化
  • エネルギー関連・設備関連の工事力強化
その他
  • 介護サービスのノウハウ蓄積
  • 建設業の営業力向上
2. M&Aや新規営業施策による成長維持
3. グループ会社に対するガバナンス強化
  • グループ会社に対する管理・監査の強化
  • 持株会社による与信管理の徹底
  • 保有株式の見直し
4. 営業部門・管理部門の効率化推進
  • 物流センターの展開による物流効率化・在庫削減、既有不動産の賃貸
  • 不採算営業所の統廃合、子会社の統合
  • 基幹システムの更改
PAGETOP
OCHIホールディングス株式会社グループ会社
建 材 事 業
生 活 事 業
加 工 事 業
その他事業