企業情報

コーポレート・ガバナンス

当社は、持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上を図る観点から、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定に基づく経営を行なうため、次の考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実・強化に継続的に取り組みます。

  • ・株主の権利を尊重し、平等性を確保します。
  • ・株主をはじめ、お客様、従業員、地域社会等のステークホルダーとの信頼関係を構築します。
  • ・会社情報を適時適切に開示し、透明性を確保します。
  • ・独立社外取締役を2名以上選任し、取締役会による業務執行の監督機能を高めます。
  • ・株主との建設的な対話を促進します。

コーポレート・ガバナンス体制

取締役会

取締役会は、12名(うち社外取締役4名)で構成されております。毎月1回の定例取締役会に加え、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営の意思決定及び業務執行の監督を行なっております。

監査役会

監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役3名(4名のうち社外監査役3名)で構成されております。各監査役は、監査役会で定めた監査の方針・計画に従い、取締役会その他の重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、社内各部署の監査、グループ会社の調査等により、取締役の職務の執行及び内部統制についての監査を実施しております。

経営会議

経営会議は、社長の諮問機関として設置され、社長を含む業務執行取締役、執行役員等で構成されております。当社及びグル-プ会社の業務執行に関する重要な事項を審議しております。

内部統制部

当社グループにおける業務の適正を確保することを目的として、内部統制部を設置しております。当社及びグループ会社の内部統制に係る年間スケジュールの立案、内部統制システムの整備及び運用に関する指導・教育を実施しております。

リスクマネジメント部

当社グループのコンプライアンス推進と、法令遵守経営の実効性を確保するため、リスクマネジメント部を設置しております。法令違反行為の有無の調査、防止策の提案、法令遵守に係る必要な指導・教育を実施しております。

リスクマネジメント委員会

リスクマネジメント体制を確固なものとするため、組織横断的かつ包括的にリスク管理を行なうリスクマネジメント委員会を設置しております。同委員会は、原則として毎月1回開催し、個別リスクに対する管理状況の把握やリスクの未然防止に関する指導・監督を行なっております。

内部監査室

当社グループの全ての役員及び従業員は、法令、定款、社内規則等を遵守し、適正かつ効率的な業務運営を行なうこととしていますが、その監視機関として社長直轄の内部監査室を設置しております。内部監査規則に基づき定期及び特命監査を実施することにより、当社グループ内の不正・誤謬を未然に防ぎ、また、監査役とも密接に連携し、情報の共有化と問題意識の統一を図ることにより、効率性の高い監査を実施しております。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレートガバナンスに関する基本方針

コーポレートガバナンスに関する基本方針
(PDF:322KB)

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレートガバナンスに関する報告書
(PDF:3.15MB)

内部統制システム構築の基本方針

内部統制システム構築の基本方針
(PDF:189KB)
PAGETOP
OCHIホールディングス株式会社グループ会社
建 材 事 業
生 活 事 業
加 工 事 業
その他事業